女性ホルモンが減少する原因

年齢により差が出る女性ホルモンの分泌

女性ホルモンが減少する原因

 

女性らしさを保つために必要な女性ホルモンは、7歳ごろから分泌が始まります。20〜30代にピークを迎え、その後減少傾向となります。更年期と呼ばれる40〜50代になると、その分泌量は急激に減少するのが特徴です。

 

 

女性ホルモンであるエストロゲンは、脳の指令によって分泌されます。

 

また、一生のうちで分泌される量は、スプーン1杯程度です。年齢とともに卵巣機能が低下することで、エストロゲンの分泌も減少していきます。

 

つまり、年齢が高くなるにつれエストロゲンの分泌は少なくなっていくのです。

 

だからといって、そのままにしておくと更年期障害のように体の変調を生じてしまいます。

 

日常生活において、できるだけエストロゲンの分泌を妨げないよう対策をおこなうことが必要です。女性ホルモンの減少には、加齢だけでなく様々な原因が考えられます。それらを改善することで、身体のトラブルを解消することができるでしょう。

女性ホルモンが減少する主な原因

年齢を重ねることにより卵巣機能が低下して、女性ホルモンの分泌は減少します。

 

また、脳の指令により分泌が促されるため、脳機能の低下によっても分泌が減少します。この脳機能の低下を引き起こす原因は、夜更かしなどの生活リズムの乱れです。

 

脳の機能は、充分な睡眠によって回復されます。それが夜更かしなどで睡眠不足に陥ると、脳機能が回復されず機能低下を引き起こすのです。これによりホルモンバランスが崩れることになります。

 

また、過度なダイエットなどによる食生活の偏りもホルモンバランスを崩す原因です。ダイエット目的で急激に激しい運動をおこなうことも原因になります。

 

 

ストレス社会ともいえる現代において、会社や日常生活で抱えるストレスも大きな原因です。ストレスにより自律神経がバランスを崩し、卵胞刺激ホルモンが減少することでエストロゲンの減少を引き起こしてしまいます。また、ストレスは脳の機能を低下させる作用もあるので気をつけておきましょう。

女性ホルモンの減少を防ぐための方法

女性らしい身体を保ちたいなら、女性ホルモンは大切です。特に豊胸を意識するなら、エストロゲンの分泌を促すことが必要です。ダイエットによる食事の偏りや激しい運動は出来るだけ無理のない範囲でおこなうようにしましょう。

 

身体を冷やすことは避け、できるだけ暖かくしておくことをおすすめします。特にお腹周りを温めておくことが大切です。全身の血行を良くすることで、代謝が良くなりホルモンの分泌も促進されます。

 

食生活においてもビタミンやミネラルなどを豊富に摂取しバランスよい食事を心がけましょう。

 

仕事などでストレスを感じた時は、ため込まないで解消することが大切です。友人と話したり、趣味に没頭したり解決方法を見つけておくことをおすすめします。

 

最も大切な予防方法としては、脳の機能を回復させるための十分な睡眠をとることです。質の良い睡眠をとるためにも、日々の生活リズムを規則正しく保つことが重要です。

 

おすすめの女性ホルモンサプリ